くっきんままの供述書

レシピブログモニター ごはん会 コーヒー 日々の気づきなど

5/4【創味だしのきいたまろやかなお酢】子ども達大絶賛!!鶏むね肉のやわらかなソテー

くっきんままの供述書 

ご訪問ありがとうござます。

今日は 「みどりの日」ですが、「工藤新一の誕生日」なんですね。

去年の映画は動員数歴代ナンバーワン!だったそうですが、スケールとアクションが凄すぎて楽しいんだけど息切れする感じでした。

今年の映画も楽しみです♡

 f:id:wanomotenasi:20190502114336p:plain

 

 だしまろ酢のモニターをつとめています
 

 だしまろ酢の料理レシピ
だしまろ酢の料理レシピ

 

【レシピブログの「これ1本で味が決まる!だしまろ酢でコク旨絶品料理」モニター参加中】

『爽やかなゆずの香り』

ゆずの香りは思ってもみなかったのでビックリ。よく見たらパッケージに書いて有りますが…。

コレだけで味が決まるように作られているのでその通り使って頂くと間違いないです。

 

 

 鶏むね肉は油漬けにしてから
  
鶏むね肉を柔らかく食べるのはひと手間が必要。
ヨーグルトに漬けたり隠し包丁を入れておいたり幾つかの方法を試していますが、今一番楽だと思っているのが「油漬け」
買って来たら油をまぶして一晩おくだけです。
ぜひ参考になさってください。

resipimonita.hatenablog.com

 

 レシピ:鶏むね肉のやわらかなソテー
 
 f:id:wanomotenasi:20190503121027j:plain
 材 料(2人分)
・鶏ムネ肉 2枚
・サラダ油 大匙2
・塩 少々
 
・薄力粉 大匙1
・創味だしのきいたまろやかなお酢 100ml
・水 100ml
・醤油 小匙1
 
・茹で玉子 3個
・マヨネーズ 大匙2
・だしのきいたまろやかなお酢 少々
 
  手 順 
下準備
①鶏ムネ肉は皮をはぎ、水気を拭いて厚みのある部位に格子状の切れ目を入れる。
ビニール袋に入れ一晩置く。
 
調理開始
②鶏ムネ肉は、室温に30分以上置いておく。
③塩を軽く刷り込み、薄力粉を叩く。
④フライパンに油を馴染ませ、肉を入れてこんがり焼く。
⑤裏返して弱火にし、蓋をして5分焼く。
⑥バットに移してアルミホイルをかけておく。
⑦キレイなフライパンに水とだしまろ酢と醤油を入れて強火で煮詰める。
⑧鍋を回しながら煮詰め、とろみが出てきたら火を消して肉を絡め、皿に盛る。
9茹で玉子を潰し、マヨネーズとだしまろ酢を混ぜたものを掛ける。

 ⑤

f:id:wanomotenasi:20190503132053j:plain

 ⑧

f:id:wanomotenasi:20190503132209j:plain

9

f:id:wanomotenasi:20190503132402j:plain

 

商品はこちらです
 
創味 だしのきいたまろやかなお酢 500ml
 

 色んなお酢が出ていますが、爽やかで1本で味が決まるというのが良いです。

爽やかなゆずの香りがします。

 

 

 美味しい!こども達も手が止まらない!
 
鶏ムネ肉はパサパサするのが悩み。
うまく作らないと子ども達は絶対に食べません。
これは予想以上に皆んなの手が止まらず嬉しい悲鳴(*ノェノ)ワーイ。
柔らかなムネ肉と「だしのきいたまろやかなお酢ダレ」のお陰です。
 
 

 レシピブログに参加中

 

ネクストフーディスト

ネクストフーディスト2期生として活動中!

お料理を試しながら、家族の反応にチョッと手応えも。

レシピを整理しながらお料理上手を目指します!

レシピブログのランキングに参加しています。

ポチッとバナーをクリックして頂けると励みになります。

応援よろしくお願いします!